痛風 痛み止め

【風が吹くだけで痛い!】痛風と痛め止めの関係性と効果を徹底解説!

ある日突然、足の指の付け根がとんでもない激痛に襲われる痛風。その病名通り、痛風は発症すると風が吹くだけで痛いと言われるほど、激しい激痛を伴います。

 

 

 

痛風を発症した際はすぐに病院へいくべきなんですが、そもそも病院へ行くにも動けないくらいの痛みがあったり、どうしてもすぐには病院へ行けないという状況の時もありますよね。ひとまず痛みを沈めるために痛め止めが欲しい、しかし市販の痛め止めが痛風に効くのか、いまいち疑問ですよね。今回はそんな時に役立つ、痛風と痛め止めの関係性を徹底解説していきたいと思います。

痛風に痛め止め!市販の物に効果はある?

 

痛風になってしまった時は、一先ずその痛みをどうにかしなければ病院にすらいくことができないことも多いです。しかし痛風の発作というのは、突然起きてしまうことがほとんど…病院の痛め止めはなかったり、また以前もらった痛め止めも切らしていたり、発作のタイミングで持っていなかったりすることがほとんどです。

 

 

 

その時に思い浮かぶのは、市販の痛め止めの存在かと思います。生理痛や歯痛には効果がある市販の痛め止めですが、果たして痛風には効果があるのでしょうか?気になる痛風と痛み止めの関係を解説していきます。

痛風にも痛め止めの種類によっては効果がある

痛風の痛みには、実は市販の痛め止めも種類によっては効果があります。痛風は病気なので、市販の痛め止めは効果がなさそうに感じますよね。あくまで一時的な対処方法であり、痛風の根本的な治療にはなりませんが、痛みをある程度抑えることができます。

 

 

 

ただし痛め止めもなんでもいいというわけではなく、痛風に効果を発揮してくれる市販の痛み止めには限りがあります。また複数の痛め止めを飲んだり過剰摂取をしても痛みが和らぐことはないうえ、身体に負担をかけるだけなので痛み止めはあくまで用法要領を守って飲みましょう。

市販の痛め止めは効果がないという噂の真相は?

ここまで読んで、痛風には市販の痛め止めは効果がないという話を聞いたことがあるんだけど?という人もいるのではないでしょうか。これは痛め止めに配合されている成分によっては痛風に効果がないどころか、むしろ悪化させてしまうこともあるからです。

 

 

 

市販の痛み止めでも種類によってはきちんと痛風の痛みを抑えてくれるので、痛みが強すぎて歩くことすらできない、病院にいけないという時は使ってみてください。

痛風の痛め止めにおすすめの市販薬の成分


ここからは痛風の痛め止めにおすすめの、市販薬の成分を紹介していきます。痛風の発作に市販の痛め止めを使う時は、ここで紹介する成分が入っているものを使ってください。

ロキソプロフェン

ロキソプロフェンは、痛風に効果がある成分として最もよく知られているのではないでしょうか。というのもロキソプロフェンは、病院で処方される痛風の痛み止めにも含まれているからです。

 

 

 

ちなみに病院でよく痛め止めとして処方されている薬は、ロキソニン錠60mgです。痛風で病院にいったことがあるという人は、この痛め止めを貰ったことがある経験がある人も多いのではないでしょうか。

イブプロフェン

痛風の際に飲む痛み止めとしては、一番ロキソプロフェンの成分が配合されているものが効果があると言われています。しかしロキソプロフェンが配合されているものは第1類医薬品に指定されているものも多く、薬剤師がいないときには購入ができないことがあります

 

 

 

またロキソプロフェンが配合されているものは副作用が強いため、それを気にする人もいます。そういった人におすすめなのは、イブプロフェンが配合された痛め止めです。

 

 

 

ロキソプロフェンよりは効果は弱いですが、イブプロフェンが配合されている痛め止めも非ステロイド性抗炎症剤なので、痛風発作の激痛にも効果が期待できます。

気を付けて!痛風の痛め止めにこの成分が入っているものはNG!

 

痛風の痛め止めに飲む市販の鎮痛剤には、注意をしなければならない成分が存在します。気をつけておかなければ、痛みを抑えるはずが余計に酷い痛みに襲われてしまうことになるかもしれません。

 

 

 

ただでさえ辛い痛風、それ以上痛みが悪化するなんて考えたくないですよね。ここでは痛風の際、市販の痛み止めに入っていない方が良い成分と、その理由を解説していきます。

アスピリン(アセチルサリチル酸

痛風の際に飲んではいけない痛め止めは、アスピリン系の成分が入っているものです。アスピリンはアセチルサリチル酸と表記されているものもあり、市販の物で使っている鎮痛剤もとても多いです。

 

 

 

アスピリン系の痛み止めは、血清尿酸値を上昇させてしまう恐れがあります。痛風は血液中の尿酸値が上がることで引き起こされる病気なので、この現象は非常に良くありません。もちろん確実に上がってしまうわけではありませんが、薬は体内に吸収されやすくできていますので、アスピリン系の鎮痛剤は飲まない方が無難でしょう。

上げる?下げる?アスピリンと尿酸値の関係

アスピリンは尿酸値をあげる可能性があることは前述しましたが、同時に尿酸値を下げる役割もあることをご存知ですか?実はアスピリンは摂取量によって、その効果が変わってくるんです。

 

 

 

アスピリンは少量だと血清尿酸値を上昇させてしまう恐れがありますが、多量に服用すれば血清尿酸値を下げる役割もあります。しかし自己判断での痛み止めの多量摂取は危険ですし、なによりアスピリン入りの鎮痛剤で自力で痛風を治そうと考えるのは非常に危険です。

痛風で痛め止めを飲む際の注意点

過剰摂取は避ける

痛風は想像を絶する痛みが伴うため、つい痛め止めを過剰摂取してしまう人がいます。しかし痛み止めの過剰摂取は、胃炎など他の身体の不調に繋がっていきます。おまけに痛風は、痛み止めを過剰摂取をしても痛みが和らぐことはないと言われています。

 

 

 

消化管の不調なども起こる場合があるので、市販の痛み止めを飲むときは過剰摂取は絶対にやめ、用法容量を守るようにしましょう。

痛み止めでは痛風は治らない

これは市販の痛み止めでも病院で処方される痛み止めでもそうですが、痛み止めだけでは痛風は治りません。痛風は一見怪我のように感じられますが、立派な病気。例え痛み止めで一時的に激痛が治まったとしても、血液中の尿酸値を下げなければまたすぐに痛風の発作は起こります

 

 

 

痛み止めはあくまで応急処置ということを念頭に置き、できるだけ早く病院へ行って、痛風の根本的な治療をはじめましょう。

薬の併用や飲み合わせに注意する

元々持病などがあり薬を日頃から飲んでいる人は、痛み止めの併用や飲み合わせに注意する必要があります。痛風の人が飲むと効果があると言われている痛み止めでも、持病がある人が飲むと身体に思わぬ影響を及ぼすことがあります。

 

 

 

痛風の時はとにかくその痛みを抑えることに頭がいっぱいになりがちですが、自分が普段から飲んでいる薬と併用しても問題がないのか、よく調べてから痛み止めは飲むようにしましょう。特に普段から病院で処方されるような強い薬を服用している人は、注意が必要です。

まとめ

 

痛風と痛め止めの関係性や、有効な成分、逆に摂取しない方が良い成分を徹底解説してきましたが、いかがだったでしょうか。痛風の痛みはとにかくすさまじく、少しでも早くそれを抑えたいとついつい市販の痛み止めに手を伸ばしてしまいます。

 

 

 

しかし種類によってはますます痛みを悪化させることもあり、さらに思わぬ副作用を引き起こしていしまう可能性もあります。また痛み止めでは痛風の根本的な解決にはならないため、できるだけ早く近くの病院を受診するようにしましょう。

痛風サプリランキングへ


ホーム RSS購読 サイトマップ