痛風 発作

【いったーい!】突然の痛風の発作!痛みを和らげるためにやるべき対処方法

ある日突然、足の指の付け根に激痛が!健康診断などで尿酸値が高めだと診断されたことがある人の中には、そんな苦い経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。痛風の発作の痛みはまさに、風が吹くだけで痛いという表現がふさわしいくらいの激痛です。

 

 

 

何回も痛風発作を繰り返している人の中には、何となく予兆がわかる人もいるかとは思いますが、痛風発作とその痛みというのはやはり突然やってくる、というイメージが強いかと思います。今回は突然の痛風の発作が起こった際、痛みを和らげるためにやるべき対処方法などを紹介していきます。

突然の痛風発作!しかし実は予兆がある

 

痛風発作が起こるのは突然、かと思いきや、実は予兆があることをご存知でしたか?何回か痛風の発作を経験している方は、なんとなく痛風がきそうだとわかる方もいるかと思います。まずは痛風発作が起こる予兆を紹介します。

大前提として痛風発作が起きる人は尿酸値が高い

痛風発作が起きる人は、まず大前提として健康診断などで尿酸値が高いと注意を受けている人です。ただし尿酸値というのはついつい忘れがちになってしまい、痛風の発作が起きて病院へ行ってからそういえば…と思い出す人がほとんどです。

 

 

 

健康診断の時などに尿酸値を注意されたことがある人は、痛風発作が起きないようなるべく早めに対処するようにしましょう。痛風の痛みを経験すると、確実に後悔することになるはずです。

むずむず感やしびれのような感覚

痛風発作が起きる代表的な前兆としては、発作が起きる場所のむずむず感やしびれのような感覚になります。この時点では何となく違和感を覚えながらも耐えられないほどでは全くないため、そのまま何もせずに寝てしまう(痛風の発作は大抵夜中や明け方におきます)と、激痛で飛び起きる羽目になります。

 

 

 

また痛風の発作は大抵が足の指の付け根(特に親指)に起きるので、元々尿酸値が高く寝る前などにこういった現象があった場合、痛風発作がくることを疑った方が良いでしょう。ちなみに痛風発作の前兆は、痛風を経験した人ほど感じやすくなるようです。

痛風発作が起きる前に気が付けば予防できる!

上記で紹介したように、痛風には予兆があります。なので痛風のあの痛みをもう二度と経験したくないという人は、痛風発作が起きそうだと感じた時点で予防することをおすすめします。

 

 

 

痛風の予兆があった場合、コルヒチンという薬を飲めば痛風発作を予防したり、症状を軽減することができます。ただしコルヒチンは医師の処方が必要になるため、病院を受診する必要があります。痛風で一度でも病院へ通った経験がある人は、その時にもらっている人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

コルヒチンは痛風発作の予防薬としてはとても最適ですが、発作が起こってしまってからは効果が発揮されません。これは痛風発作が来るぞ、と思った時点で服用するようにしましょう。

痛風発作が起こってしまった時の対処方法

 

ここからは実際に、痛風の発作が起こってしまった時の対処方法を紹介します。痛風は想像を絶する痛みのため、パニックになりつい誤った処置をしてしまう人も多いです。しかしそれでは痛みを悪化させてしまうだけなので、落ち着いて以下の方法を試してみてください。

痛風発作が起きた時はまずは冷やす!

痛風発作が起きると、痛みはもちろんですが患部が腫れ上がったり熱を持ったりします。こういった炎症を鎮めるために、まずは痛風発作の症状が出ている箇所を冷やすことが大切です。

 

 

 

痛風は病気ですが、発作自体は間接に炎症が起きてしまっている状態です。なので腫れてしまっている箇所をアイスノンや氷などで冷やしましょう。感覚がマヒして痛みも感じにくくなります。

心臓よりも高い位置に痛風発作が出ている部位をあげる

痛風発作が起きたらまずは発作が起きた箇所を冷やし、そのあとはその部分を心臓よりも高い位置にあげるようにしてください。足であれば寝そべって足だけを軟化に乗せる、という風にすれば楽ですね。

 

 

 

心臓の位置より発作が起きた場所を高くすることで、静脈のうっ血を防ぐ事ができるためかなり痛みが和らぎます。冷やしながら行うとなお良いです。

鎮痛剤を飲む

本来であればこのまま病院へ…といいたいところですが、痛風は歩くこともままなららないほどの痛みがあります。なのでこの状態では病院へ行くことすらできませんが痛風は立派な病気なので、病院を受診しなければ治りません。なので一先ず病院へ行くことができる程度にはなるよう、痛風発作の痛みを抑えるために痛め止めを飲みましょう。

 

 

 

痛風の発作の痛みは、市販の痛み止めでも和らげることができます。ただし飲む痛み止めは、ロキソプロフェンイブプロフェンなどの成分が含まれたものにしてください。市販の痛み止めにはアスピリンを主成分にしているものは多いですが、こちらは痛みを悪化させる恐れがあります

病院へ行く

ある程度痛みが落ち着いたら、病院へ行きましょう。冷やしたり痛み止めを飲んだり、あとはある程度時間が経つと痛風発作は治まってきます。痛みが治まるとそのままでいいか…となってしまう人もいるようですが、痛風は病気です。

 

 

 

一次的に痛みが治まっているだけにすぎないので、そのまま放っておくとまた痛風発作は起こります。動けるくらいには痛みが引いたら、必ず病院へ行くようにしましょう。

痛風の発作が起こった時の注意点


痛風の発作が起きた時は想像を絶する痛みが襲うため、パニックになってしまう人も多いです。なのでうっかり誤った対処方法を実践してしまうことも…それ以上痛みを悪化させないために、痛風の発作が起こった時の注意点を紹介します。

痛風発作が起きた箇所をできるだけ触らない

痛みが酷い時には、ついついどうにかそれを和らげようとマッサージなどをしてしまいがちです。しかし痛風発作の時は痛いからといって、揉んだりマッサージすることはやめてください。揉むと血流が良くなってしまい、痛風の際は余計に痛みが増すことがあります。

 

 

 

痛風発作が起きた時は、できるだけ安静にしておくというのが鉄則。冷やしながら心臓よりも上に持っていき、できるだけ触らないようにしましょう。

病院は内科へ

ある程度痛みが治まったら病院へ行くかと思いますが、痛風で病院を受診する際は内科へ行ってください。痛風の発作が起きると患部が赤く腫れたような状態になるため、パッと見怪我のように思い、整形外科などへ行ってしまう人が多いです。

 

 

 

しかし前述しましたが、痛風は病気です。なので外科に行ってもあくまで応急処置の痛み止めなどしか処方してもらえず、結局内科へも行く羽目になります。もちろん整形外科のお医者さんも痛風患者の対処には慣れているため、そのまま追い返されるということはないはずです。ただ根本的な解決にはならないため、最初から内科を受診した方が良いでしょう。

痛風は完治しない

痛風発作が治まるとついつい油断して、また生活をいつもの調子に戻してしまう人が多いですが、痛風は完治しない病気として知られています。というのも痛風発作が一度起こってしまった人の体内には、既にかなりの量の尿酸塩結晶の蓄積されているからです。

 

 

 

そのため一時的に発作が治まっても、油断しているとすぐにまた繰り返してしまいます。痛風の発作は痛みがなくなっても、それは完治している状態ではありません。ただし適切な治療で尿酸値を正常な状態に保っていけば、発作を引き起こすことを防ぐことはできるため、痛みがない時でもきちんと治療を続けていくようにしましょう。

まとめ

 

今回は突然の痛風の発作が起こった際、痛みを和らげるためにやるべき対処方法や注意点などを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 

 

痛風発作は起こさないことが一番ですが、起きてしまった場合も慌てずに、今回紹介した対処方法を試してくださいね。

痛風サプリランキングへ


ホーム RSS購読 サイトマップ