痛風サプリ

痛風サプリで合併症予防

そもそも痛風と呼ばれる病気というのは、尿酸値が高い状態を維持している高尿酸血症という病気の一種として知られています。

 

この高尿酸血症と呼ばれる状態というのは、主として腎障害や尿路結石などを引き起こしやすい状態であるとも言えます。

 

その理由としましては、そもそも尿酸は、その多くが腎臓から排泄されることで尿酸濃度の高いものが腎臓へ沈着するケースがあります。

 

このような状態となってしまうと、結晶化された尿酸が結石へと変化し、その結果腎臓内に傷を付け、肝臓機能を低下させてしまいますので、様々な腎障害を引き起こしてしまいます。

 

軽度の場合でしたら、特に自覚症状が出ることはありませんが、あまりにもその状態が進行してしまうことにより、腎不全を引き起こし最悪は人工透析を行い続け無ければいけない状態となります。

 

そして次に、尿路結石についても痛風における代表的な合併症の一つであり、こちらも尿酸が排出される時の尿路に対して尿酸の結晶が沈着することで尿路結石が生成されます。

 

この場合、主として酸性尿の人が引き起こすケースが多くなっていますが、痛風のことで悩んでいる人の多くは尿酸が排泄困難となる排出低下型の痛風のケースが殆どですので、酸性尿の場合が多いと言えるでしょう。

 

このことから、酸性の尿が長く続いてしまうことによって、溶け切ることの出来ていない尿酸が結晶化し、様々な病気の原因となります。

 

痛風対策の一つとして是非ともサプリメントを活用し、痛風を起こさない体質作りを積極的に行いましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ