痛風サプリ

痛風サプリとアルコール摂取

痛風の症状が現れたらビールなどのアルコール類を控える必要がある、ということは一般的に知られていることです。

 

アルコールが身体の中へと入ってくることにより、尿酸値を上げてしまうからです。

 

中でも特にビールに含まれているプリン体の量が非常に多いことからアルコール類を控えるように言われています。

 

毎日何かしらの飲酒をする習慣を持つ人は、痛風を引き起こしてしまうリスクを2倍にしてしまうようで、さらにビールを好んで飲んでいる人はさらにそのリスクがが高くなるとされています。

 

ビールというのはプリン体が多く含まれており、尿酸が増加するのを助長してしまいます。

 

このことから、痛風の治療中の人はもちろんのことですが、痛風予備軍として診断されてしまった人も、ビールを飲むのは控えるようにしましょう。

 

そもそもアルコール全般に言えることですが、アルコールというのはカロリーを吸収しやすい性質を持っているため、ビールで無かったとしても痛風を治療している時の飲酒はなるべく控えることが大切です。

 

ただし、禁酒することがあまりにもストレスに感じるようであれば、まずは医師へ相談し、自分なりの適量なた問題無いかと思います。

 

実は尿酸値を上げる原因として、ストレスも大きく絡んでいるからです。

 

また、尿酸を効率的に排出させるためには水分補給も非常に大切です。

 

利尿作用のあるお茶やカフェインなどは、尿酸の排出を制限させてしまうため、適度な量にしておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ