痛風サプリ

痛風サプリ摂取と同時に食生活改善

突然、痛風を引き起こしてしまい、自分が今食べたいものも積極的に食べることが出来なく、つらい生活を余儀なくされている方もきっと多いかと思います。

 

本来、体内の不必要物として尿と一緒に体外へと排泄されていくプリン体の老廃物である尿酸が、体内にて過剰に生成され、さらにそれが結晶化することで関節に蓄積、その結果痛みや炎症を引き起こしてしまうのが痛風という症状です。

 

このような痛風の大きな原因とされている尿酸を体内で過剰に増やさないためには、とにかくプリン体の量を減少させてあげることが最も重要なこととなります。

 

従来の痛風治療におきましては、プリン体をが多く含まれているエビやレバーなどの食品を食べることを制限することが一般的とされてきました。

 

しかし、最近行われた研究結果によりますと、ほとんどのプリン体というのは体内細胞により生成されており、食品から摂取しているプリン体の影響というのは、約2割程度だと判明したのです。

 

このことから痛風の治療というのは、摂取プリン体の量を制限するのではなく、とにかくプリン体が生成されにくい身体を作ることが非常に重要なポイントとなるワケです。

 

食事の中に含まれているプリン体の量に注意することは対しかに重要ですが、大切なのはプリン体の体内生成を抑制するために、摂取カロリーの制限に気をつけなければいけません。

 

また最近では痛風対策用のサプリメントも多く発売されていますので、副作用を起こすこと無く有効的な痛風対策が可能です。


ホーム RSS購読 サイトマップ