痛風サプリ

痛風の合併症について

痛風が恐がられている理由に、合併症を併発しやすいという特徴があるから、というのがあります。
尿酸が体の中に蓄積して体外に排出されにくくなると、痛風になります。
初期段階では足の指、ひじ、ひざ、肩などの関節炎となって症状が出てきます。
非常に耐えがたい痛みなのに、放置してしまう人が多くいるのには、大体1週間前後で痛みがスッとなくなるからでしょう。
痛みがなくなるのは嬉しいですが、そのまま放置している人が多いのが、痛風になった人の特徴でもあります。
体質的に男性はどうしても尿酸値が高くなりがちになりますが、痛みを我慢して対処しないのも男性に多いと言われています。

 

治療をせずにそのままにしておくと、尿酸は関節のみならず臓器にも蓄積します。
するとそれによって生じるのが臓器障害です。
中でも尿酸が蓄積しやすい腎臓は、特にかかりやすい臓器と言えます。
また、尿酸を体外に排泄する仕事をするのが腎臓なので、悪循環となり体を苦しめます。
それに悪化すると、つうふうと同様に生活習慣病とされる心筋梗塞や脳梗塞にまで悪化する危険性もあるのです。

 

その他の生活習慣病から、痛風を引き起こす事もよくあります。
糖女房の合併症にも類似する病を引き起こすリスクの高い痛風は、糖尿病と比較すると食事制限などはさほど厳しくはありません。
アルコールの摂取や栄養バランスのとれた食事を意識すること、毎日少しでも体を動かすようにする、水分補給を意識して行うなどで痛風は予防できます。
命に関わる事まで発展するリスクがある合併症になる前に、自身の生活習慣を改めて痛風を防ぎ、痛風になった方は頑張って治療しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ