痛風サプリ

痛風は男性のみの病気?

痛風は男性患者がとても多い病です。
その理由は、血液の中に存在する尿酸が多くなる性質に在ります。
男性に痛風の患者が多いのは、女性よりも男性の方が本来の尿酸値が高いことにあります。
古くからぜいたく病と言われてきた痛風は、現代は生活習慣病の仲間です。
ですので、もしかして痛風かもと言う事実を隠してそのままにしてしまう人も多くいます。
初期の段階で耐えがたい痛みを経験しているのに、見栄を張ってか何なのか、放置してしまう人が多いです。
痛みを感じるのは数日で消えてしまうので、大丈夫だと自己判断をして放置してしまいがちなのです。
ですが、もし痛風にかかってしまっていたら、例え関節の痛みが消えたとしても、病状はしっかりと進んでいます。
気がつくと内臓に尿酸が蓄積して最悪のケースになることもあるのです。

 

男性に多い痛風ですが、男性のみの病気ではありません。
男性よりも女性は生まれながら尿酸の値が低いのですが、閉経すると尿酸の値が高くなる事があります。
それによって生活習慣によりますが、痛風になる危険性が高くなってしまいます。
痛風の原因は、尿酸を体の中に必要以上に溜めてしまうような食物や飲み物にあります。
細胞分裂が活発な食品ほど、成分が豊富に含まれているプリン体が、尿酸の値を上げてしまう手助けをしてしまいます。
アルコールや食品類などは、プリン体を過剰に摂取しないように注意すると良いですね。

 

痛風は初期の段階でも自覚症状がしっかりと体感できるので、関節に心当たりのない激しい痛みを感じたら、早急に病院を受診するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ