痛風サプリ

痛風は足が痛くなるの?

足の指に突然強烈な痛みを覚えると、「もしかしたら痛風かも」などという冗談があるほど、痛風で足の親指が痛くなるのは有名な話です。
痛風になると、職気段階では関節に尿酸が蓄積し始めるため、特定の関節に痛みを感じる症状が出てきます。
良くある箇所は、足の親指なのです。
足の親指で大げさなと思うかも知れませんが、成人している男性が悲鳴を上げるほどの強烈な痛みを感じるそうです。
歩行も困難になる人もいるそうなので、初期段階でもしっかりといつもと違うのは感じられます。

 

足の親指の他にも、ひじ、ひざ、肩などの関節にも痛風の痛みは出てきます。
しかし、耐えがたい痛みですが、痛みはおよそ1週間程度で引いてしまいます。
なので、そのままにされやすく、病気が悪化しやすいのが、痛風の特徴でもあります。
通貨も、と思っても、病院にかかる人が少ないのも、こういったことがあるからかもしれません。
確実に耐えがたい痛みを感じているはずなのに、暫く我慢をしたら痛みが去っていくので、放置されがちになってしまうのです。

 

しかし、痛風の痛みをそのままにしておくと、いつかは尿酸が内臓にまで蓄積してきます。
中でも尿酸が蓄積しやすいのが腎臓で、腎障害を併発してしまう事があります。
腎臓と言うと、尿を排出する働きが行われる大事な臓器です。
そこにまで影響が出てしまっていると、尿酸を尿の排出で減少させることも効果が薄れてしまいます。
足の痛みだけで済んでいる間に、早急に病院で検査をしてもらう事が、早期回復となるのです。
他にも、痛風は病状が悪くなっていっても、関節の激しい痛みは無くならないことを覚えておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ