痛風サプリ

痛風の食事療法

痛風の治療を始めると、病院でも生活習慣を改めるように指示がされます。
生活習慣病の仲間である痛風は、生活習慣を改めることで治療に効果的に働くからです。

 

生活習慣を改める中で、食事の見直しは非常に大事です。
痛風の原因になる尿酸は、アルコールを含むプリン体が豊富に含まれている食品を摂ることで増加します。
可能な限りプリン体が豊富な食品は控え、アルコールも適度な量を心掛ける事が重要です。
中でも多いのが卵などの食品、レバー、エビ、イワシ、干しシイタケ、魚の干物などです。
他にも、健康食品と謳っている食品にも、たくさんのプリン体が含まれてるものがあると言われているので、健康ブームに惑わされないようにしましょう。
一般的に、人が美味しいと感じる食品には、プリン体が豊富に含まれている事が多いです。
基準になるのは、細胞の数です。
核酸中に豊富に含まれる旨味成分なので、イクラなどがプリン体が豊富に含まれる食品のメジャーなものと言われるように、細胞分裂が活発な組織を持つ食品には注意が必要です。
しkし、あまりにも過度にプリン体を控えようとして栄養バランスが乱れるのも問題なので、特定の食べ物を食べすぎや飲みすぎしないように心がけるようにしてください。

 

アルコールに含まれているプリン体は、蒸留酒よりも醸造酒に多く含まれているとされています。
ビールや紹興酒などに豊富にプリン体が含まれている事が多く、旨味がつまっているような地ビールなどには特に気をつけてください。
普通のビールなら、350ml缶にプリン体が12〜25r程度含まれています。
一方、地ビールは350r中に19〜55rのプリン体が含まれていると言われています。
ビールが好きな人には拘って作られたビールが飲みたいかと思いますが、プリン体を意識するなら適度な量にしておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ