痛風サプリメント

痛風サプリの比較とランキングご紹介!

風が当たるだけで激痛が走る「痛風」。本当に辛いですよね?

 

痛風というのは、普段の食生活や生活習慣の乱れが主な原因であり、一度痛風になると繰り返し再発するケースが多いのが特徴です。

 

そこで是非ともオススメしたいのが、痛風に効果のあるサプリメントの利用です。

 

医薬品とは異なり、副作用を引き起こしてしまうことなく、痛風対策が可能です。

 

まずは今売れてる痛風サプリメントをランキングでご紹介します。

痛風サプリメント※人気ランキング

白井田七

白井田七に使われている原料は、「田七人参」と「有機玄米」です。

田七人参は中国では由緒正しき原材料として知られており、今ではアメリカやドイツでも注目されつつあります。

 

もちろん完全無農薬で有機栽培ですので安心安全に続けることが出来ます。

 

販売開始から3年で50,000本を突破し、満足度94%を誇ります。

 

お得な初回定期特別価格として、通常6480円のところ、3980円(1か月分)で購入出来ます。
安心の15日間返金保証がありますので合わなくても返品できます。

 

慈凰

海洋産アンセリンパワーを凝縮し、他社と比較し最大25倍もの有含量で業界トップクラスを実現しています。

 

さらに菊花ポリフェノールも配合していることから、効率よく尿酸値を下げることが出来ます。

 

多くの人が実感し、お客様満足度97%と驚異的な数字を記録しています。

 

今なら2箱購入することで1箱無料となり、特別価格19,600円と大変オトクです。

ヒュウガトウキ

身体の中の流れをサラサラにする「神の草」ヒュウガトウキを原料に使用した健康補助食品です。

 

ヒュウガトウキは多種多様な栄養成分を含んだ希少価値の高い植物で、身体全体の栄養バランスを整えてくれます。

 

1袋にヒュウガトウキ3gを配合した「ヒュウガトウキのお茶」、手軽に摂取出来るサプリメントタイプ「ヒュウガトウキのめぐみ」の2つを用意しています。

 

どちらもセット購入や定期購入を選ぶことで、特別価格となりお得です。

恵葉プレミアム

尿酸・プリン体が気になる方を全力でサポートしてくれるのが、この恵葉プレミアムです。

 

健康をサポートする「アンセリン」「キャッツクロー」「ケルセチン」「葉酸」などをベストバランスで配合しています。

 

無理なく続けることができ、満足度は98%とリピート率も高いサプリメントです。

 

お得な恵葉プレミアム3本セットなら、4,140円割引の19,800円で購入出来ます。

PN-0

話題の成分であるアンセリンを配合していることから、痛風対策にバッチリです。

 

さらにDHA・EPA、大豆サポニン、葉酸、キャッツクロー、田七人参、ノコギリヤシなどなど、贅沢なサポート成分をたっぷりと配合しています。

 

愛用者の中には、29年間痛風で悩み続けてきて、PN-0を活用したことでその悩みも解消されたという口コミもあります。

 

通常価格7,980円ですが、今なら25%OFFの5,980円とお求めやすくなっています。

 

痛風サプリメントの選び方

痛風サプリメントと呼ばれる健康補助食品を活用することによって、痛風の改善に効果を期待することが出来ます。

 

そんな痛風サプリメントのメリットとして、やはり手軽に栄養成分を摂取することが出来るということです。

 

基本的には飲むだけの痛風ケアとなりますので、とくに無理することなく毎日続けられるでしょう。

 

尿酸値が上昇することにより、痛風の症状がより悪化したり、また痛風で無い人が痛風を引き起こしてしまうこともありますので、痛風サプリメントを活用して効率よく尿酸値を下げていきましょう。

 

痛風サプリメントなら、痛風予防としても使うことが出来ますが、大切なのはどの程度のコストがかかってくるのか?っということです。

 

痛風サプリメントに高い効果があったとしても、あまりにも高額な種類を選んでしまうと、コスト的に続けることが出来なくなってしまいます。
ですので出来る限りコストパフォーマンスの良い痛風サプリメントを選び、最初はお試しコースやモニターコースといったお得なキャンペーンを利用しましょう。

 

またアフターサービスに優れる会社を選ぶことにより、少しでも疑問に感じたことがあれば親切丁寧に答えてくれますので安心です。

 

最初は、どの会社の痛風サプリメントが良いのかわからないかと思います。

 

それでしたら、まずは上記の痛風サプリメントランキングを参考にして、実際に試してみることをオススメします。

 

サプリメントですので副作用も無く、安心して続けていくことが出来るでしょう。

 

痛風の痛みを防ぐ成分

痛風というのは95%以上の割合で男性に起こる症状なのですが、閉経を迎えた女性も高尿酸血症になり、痛風を発症してしまうケースも数多く報告されているのでご注意ください。

 

治療することなくそのまま放置してしまいますと、心臓や脳血管などに障害を招いたり、腎結石や尿路結石になるリスクも非常に高くなります。

 

突然全く前兆も無く、深夜から朝にかけて堪え切れないほどの激痛が走り、その痛さは経験したことの無い尋常でない痛さです。

 

一般的に痛風で行われている治療というのは、関節炎の痛みを軽減したり、尿酸値を無理やり下げる投薬療法といったことが中心なのですが、残念ながらそれらの治療では根本的な問題の解決にはなっていないのです。

 

真の問題となるのは、激的に増えた尿酸自体ではなく、その尿酸がナトリウムと結合することで「針状」となり、それが周囲の組織を損傷することによって炎症を引き起こしているところにあります。

 

このことから、尿酸とナトリウムの結合を防止することが出来れば、痛風の痛みは無いワケです。

 

そこで必要となってくるのが「糖たんぱく」であり、血中に糖たんぱくが十分に含まれていれば、尿酸はナトリウムと結合せず、糖たんぱくと結合することになります。

 

糖たんぱくを体内で生成するためにも、積極的にビタミンAを摂取しなければいけません。

 

痛風サプリメントの中には、ビタミンAを豊富に配合している種類もありますので、実際に購入をする際には、成分表に注目をしましょう。

 

痛風対策にアンセリン

痛風サプリメントを探していると、アンセリンという言葉を見たり聞いたりすることが多いですが、これは動物の筋肉に含まれているペプチドの一種となります。

 

サプリメントによりましては、アンセリンのことを「イミダペプチド」という言葉で表記していることもありますのでご注意ください。

 

アンセリンは、活性酸素を除去し疲労の予防、回復に作用し、さらに痛風の予防と改善効果も期待することの出来る画期的な成分なのです。

 

その理由は、アンセリンの特徴として「尿酸値降下作用」が認められているため、酵素の量を増加させることで身体の中で尿酸が過剰に作られてしまうのを防ぐことが出来るのです。

 

さらに乳酸の代謝を促進させてあげることで、尿酸が体外へと効率的に排出する作用も持っています。

 

体外へ尿酸が排出されるのを妨げている存在が乳酸です。
アンセリンを摂取することにより、乳酸を代謝させる作用のある酵素量を増やすことが出来るため、その結果、尿酸が排出されやすい体質を作ることが出来るというワケです。

 

実際に行われた実験によりますと、毎日一定量アンセリンを摂取し続けたことで、約2週間ほどで尿酸値が下がっという報告があります。

 

かなり危険な領域にまで尿酸値が上がってしまっていた患者さんも、同じ実験をしたことで、その平均値を正常領域まで下げることに成功したようです。

 

このようにアンセリンを配合している痛風サプリメントというのは、非常に効率的に尿酸値を下げることが出来るのです。


痛風って、どんな病気? 

痛風のはじまりは、足の親指の付け根が我慢できないほどに痛い程、と言われています。
サイズが小さい靴を履いたときのような窮屈感の痛みとは全くもって違う痛みです。
この強烈な痛みは、ペンチや万力で力いっぱい親指を挟まれてひねられたような強力な痛いで、実際になった人でないとわからないかと思います。
成人男性が痛くて歩けないほどになる痛みは、言いようのない痛みなのです。

 

このような痛風の発作が生じても、多くが1週間〜10日前後で痛みが無くなります。
ですので、痛風だと自覚しないと、あの強烈な痛みは何だったのだろうと思いますが、たいがい忘れてしまいます。
ですが、半年〜1年経過し、あの強烈な痛みが再発します。
これを何回も繰り返すと、足首やひざの関節が大きく腫れてしまったり、発作もよく出るようになってきます。
また、症状が進んでくると、足の痛みが生じるだけの症状では無くなってくるのです。
内臓まで侵入され、色々な健康面への危険性が高まるのです。

 

そうして痛風になるのかと言うと、血液の中の尿酸の濃度が上がるからです。
一般的に、女性は男性よりも血液の中の尿酸の濃度が高いと言われています。
なので、古くから痛風は女性よりも男性が生じやすいと言われてきました。
しかし、女性も月経が終わり閉経すると女性ホルモンンがあまり分泌されなくなるため、尿酸値が上がってしまいます。
最近では生活習慣の乱れなどから、年齢が若い間に女性ホルモンが減っている女性が増加傾向にあるため、男性のみならず女性も気をつける必要があります。
痛風は生活習慣病の仲間だと言われていますが、予め防ぐには生活習慣病を改める事が大事です。
痛風のことがわかりやすくまとめられてるサイト→足先に激痛。もしかしたら、【痛風】かも?知っておきたい痛風のこと

 

 

痛風の原因

どうして痛風になるのかと言うと、人の体の中にある程度ある尿酸が原因です。
普通、尿酸は血液の中に溶けることで移動し、体の外に排泄されるというサイクルでした。
しかし血液の中に尿酸が増量すると、体の中に必要以上に溜まっていってしまいます。
これが何度も行われると、尿酸塩の結晶が関節などに落ち着くようになります。
尿酸塩は体にとっては不必要な物資なので、白血球が退治しようと攻撃を始めるため、これが痛みとなって体にあらわれるのです。

 

尿酸塩が関節に蓄積するだけなら、痛風もさほど問題ないと言われます。
ですが、放置しておくと尿酸塩は臓器の中にも蓄積していきます。
中でも蓄積されやすい臓器が腎臓で、、痛風の合併症として危惧される腎臓障害は早めのうちから対処する事が大事です。
より恐ろしいのが、合併症としてその他の生活習慣病を併発してしまう心配があります。
心筋梗塞、脳梗塞などの脳血管障害や、命に関わる病になってしまうリスクもあるので、強く意識するようにしましょう。

 

生活習慣病は、日常生活の積み重ねが原因になるので、早いうちに症状がわかりにくい性質があります。
ですが、痛風の痛みはとても強い痛みなので、足に異常が生じたのではと思うほどの痛みなので、そうなった時は可能性があると思いましょう。
初期の段階で痛風に気付き治療を始めれば、症状が進まないように抑制し合併症も防ぐことが可能になります。
痛みは体が発している危険信号だと意識し、早いうちに病院を受診するようにしましょう。
他にも、生活習慣病を改めることも重要になってきます。

痛風を防ぐには 

痛風は、血液の中に尿酸が必要以上に蓄積することで生じる病気です。
生活習慣病の中まで、防ぐためにも治療を行うにも、生活習慣を改めることが大事です。
上がってしまった尿酸の値を下げるには、食事を改善したり適度な運動を行ったり、サプリメントを摂取したり蓄積した尿酸を意識して体外に排出することで効果があらわれます。

 

痛風になってしまう原因であるプリン体を豊富に含む食べ物を控え、尿をアルカリ性にする食品などをたくさん食べるように心がけると、痛風を防ぐことが可能です。
尿のバランスが中性からアルカリ性になってくりと、尿酸は溶けやすい性質になります。
また、尿を体外に排出する効果も出てくるため、尿酸値は下がるのです。
他にも、尿から排出される尿酸は、尿を排出すればするほど減っていきます。
なので、水分を意識してたっぷり飲むようにすると、尿酸は体外に排出されやすくなると言われています。
しかし、アルコール、果汁、糖分が多く含まれたドリンクはプリン体が豊富なので、悪影響になってしまいます。
飲む際は、お水やお茶が良いでしょう。

 

痛風を予防するのに効果的と言われている食品は、海草、野菜、イモ類が有名で、またそれが含まれたサプリメントなどもいいといわれています
反対に痛風の原因になるような食品は、肝類、カツオ、白子、エビ、魚の干物、カニ、タコ、マグロ、ビール、日本酒、ワインなど・・・。
プリン体はたいていの食品に含まれているので、完全に摂らないと言うのは難しいと言えます。
暴飲暴食を辞め、栄養バランスの取れた食生活をするのが最も効果的です。
ビタミンやミネラルが足りていないと、体の新陳代謝が悪くなるので、尿酸が合成しやすい環境と言えます。
他にも、運動や入浴によって汗をかく事は、肥満が大好物の尿酸対策には有効に働きます。
運動する際には有酸素運動を意識し、20分以上かけて汗らず汗をかくと良いですよ。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ